HotForexの口座開設方法をまとめました【2020年版】

Hotforex(ホットフォレックス)について
海外FXの業者であるHotForex(ホットフォレックス)で口座開設を行う手順をまとめています。
他のブログでも解説方法がありますが何年も前だったり情報が古い場合があります。
当ブログでは実際に2020年1月に口座開設を行った際の画面を載せて説明しています。

HotForexの口座開設はすぐ

海外のFX業者であるHotForex(ホットフォレックス)は日本ではまだマイナーですが、海外ではメジャーな業者でXMと同じくらい知名度があります。

私は元々FXの自動売買をするためにXMを使っていましたが、2020年に入ってからHotForexに移りました。

各手順を実際の画像を見ながら開設しようということで手順をまとめました。

情報の古いブログですとHotForexは登録画面が今と違っていたりします。
参考にするなら私のように最近使用した情報を見た方がいいです。

基本情報の入力(3分くらい)

まずはHotforex(ホットフォレックス)のサイトにアクセスします。

開くと英語っぽいページになりますが、少しスクロールすると登録ボタンがあるので安心してください笑

【今すぐ登録】ボタンを押すと登録画面になります。

  • 居住国:「Japan」を選択
  • 敬称:男性なら「ミスター」、女性は「ミセス」か「ミス」を選択
  • Full First Name(s):名をローマ字で入力 例:太郎ならTAROU
  • Full Last Name(s):姓をローマ字で入力 例:山田ならYAMADA
  • Eメールアドレス:受信可能なアドレスを入力
  • 生年月日:生年月日を入力
  • 電話番号:携帯番号の頭0を抜いて入力
これらの情報は後の身分証チェック時や決済のクレジットカードの認証にも使用されます。
名前のローマ字表記間違いやメールアドレスの打ち間違いに注意してください。

  • 口座通貨ベース:USDを選択
  • Eメール購読オプション:チェックを外す(ニュースなど情報を見たければそのまま)
  • 利用規約条件:チェックを入れる
  • セキュリティー質問を解答ください:足し算の答えを入力 例なら19+10で29
  • 登録:ここまでの入力情報に間違いがないか念の為確認してから「登録」を押す
HotForexでは日本円ではなく米ドルのUSDでFXを行います。
USDなのはFXの時だけで出金の際はもちろん円で引き出し可能です。

HotForexからのメール確認(1分くらい)

先ほどのHotForexの登録画面での入力を終えて「登録」ボタンを押すと完了画面が表示されます。

この画面が出た後に登録したメールアドレス宛へ認証メールが送られてきますので見てください。

  • From:HotForex
  • 件名:HotForex登録有効化に関して
いつまで待ってもHotforexからのメールが届かない場合、登録の際にメールアドレスを間違ったか迷惑メールのフィルターに引っかかっているかもしれません。
Gmailならすべてのメールを表示して確認してみてください。

メールの内容は画像のような内容となります。

 

メールの本文中に「今すぐ有効化」というボタンがありますのでクリックします。

すると自動的にHotForexのログイン後の画面が開きます。

ここから先の登録前に誤って画面を閉じた場合もHotForexから届いている「HotForexへようこそ」というメールの中にログインIDとパスワードがありそれでログイン可能です。

個人情報の入力(10分くらい)

HotForexにログインすると画像のような画面になります。

個人情報の入力と本人認証をしないと口座開設出来ませんので、画面の「click here」を押してください。

また登録画面が出るのですが、あと少しです!!

ささっと入力していきましょう。

  • 出生国:Japanを選択
  • 住所1:番地、マンション名をローマ字で入力
  • 住所2:町名などあればローマ字で入力
  • 市町区村:市区町村をローマ字で入力
  • 都道府県:都道府県をローマ字で入力
  • 郵便番号:郵便番号を入力
住所入力はローマ字入力となりますが実際の住所をローマ字表記にするだけで大丈夫です。

口座開設目的は「取引」でそれ以外はざっくりで大丈夫です。
ただし最後の英語の質問2つですが日本語にすると
職業として金融市場の取引経験はあるか?
金融系の仕事を1年以上務めたことがあるか?
この2つは「いいえ」を選択してください。

これら全ては取引経験に関する質問です。
基本的に全て「いいえ」で大丈夫です。

最後の申告内容の質問です。
こちらも基本的には全て「いいえ」になるはずです。
あとは規約にチェックを入れて「終了」をクリックすると入力が完了です。

身分証明書のアップロード(5分くらい)

「終了」を押した次は身分証明書のアップロード画面が表示されます。

まずは身分証明書です。

対応しているのはパスポート、マイナンバーカード、運転免許証の3種類です。

運転免許証が一番持っている方も多いはずなのでおすすめです。

写真は一部が見切れていたり不鮮明ですと通らず身分証明書の再アップとなります。本人確認のための認証なので分かるように写真を撮って送りましょう。

次に住所証明です。

住所証明は電気、ガス、電話の公共料金の明細書かクレジットや電話料金の請求書が対応しています。

細かい人はHotForexのサイトの日本語がおかしかったり住所証明の表示が崩れていたりが気になるかもしれません。
しかし問い合わせ対応には日本人のスタッフが出たり日本向けのサポートも力を入れ始めています。
FXの取引には全く問題ありませんので気にしないで大丈夫です。
審査中になると身分証明書のページで状況を確認できます。

審査に問題がなければ画像のように表示されますが、不備があれば再提出を求められます。

再提出になる原因としては「画像が不鮮明」「全体が写っていない」「一部を隠して提出」などとなります。

再提出の際はこれらに注意してみましょう。

身分証の確認で問題がなければマイページから口座開設が可能となります。

HotForexの口座タイプは色々あるけど・・

HotForexのマイページに「新規取引口座開設」が押せるようになっているので押してください。

次に口座の種類を選ぶ画面になりますが、何も考えず「プレミアム」でOKです。

理由として当サイトで推奨している自動売買で一番適しているからです。

レバレッジも500倍まで使えて日本のFXのようにもし急激な為替の変動の際も追証はありません。

画面は下の内容です。

  • 取引ソフトの種類:HotForex MT4を選ぶ
  • 口座の種類:プレミアムを選ぶ
  • レバレッジ:1:500を選ぶ
  • 口座通貨:USD(米ドル)を選ぶ
  • シグナルサービスの予定に従う予定ですか?:いいえを選ぶ
  • ボーナスを選択する:100%クレジットボーナスを選ぶ
  • 私は~の説明:チェックを入れる
  • IB HD:空欄で何も入力しない

入力を全て終えて「口座を開設する」を押すと口座が開設されます。

ここのログイン情報はFXの取引を行うソフトのMT4で使用します。

同内容がメールでも送られてきますので無くさないように保管してください。

ここまででHotForexの口座開設作業は完了となります。

HotForexの登録作業はここまで

海外FXは取引の際はMT4というソフトを使います。

ソフトなんて分からないという方にも続きでMT4のインストール手順で解説するので安心してください。

取引もチャートを見ながらリアルタイムに操作する必要もなく設定だけ行えば自動的に取引が行われます。

私のブログであるユルカセ経由でHotforex(ホットフォレックス)を登録してくれた方にはFXの自動売買ツールを無料でお渡しします。

またツールだけでなくアフェリエイト可能な方にはこのツールの再配布権もお付けする事が可能です。

興味のある方はご連絡ください。

コメント